無料・婚活 WEB スクール

メンズ婚活実践講座「婚活男性のWEBスクール」無料メール講座
登録フォーム


●特別レポート
遺伝子レベルでの恋の秘密
『遺伝子で恋をする』
進呈!

※【ご注意】icloud、ezweb、au、i.softbank、docomoの
メールアドレスは、
講座が届きませんので、
別のアドレスをお使い下さい。

※登録されたメールアドレス、名字は弊社のプライバシーポリシーに則って管理いたします。
※この無料メール講座には、メンズ婚活実践講座が提供している有料講座のご案内をお送りすることがございます。
※配信解除は、お送りするメールから簡単に行う事ができます。
※この無料メール講座は、100%交際・結婚成功をお約束するものではございません。

年下に好かれる男性の特徴と、年下に好かれる方法

年下に好かれる男性

年下に好かれる男性と言うと「大人っぽい」「しっかりしている」と思われるかもしれませんが一概にそうとも言えない部分があります。

というのは、女性には「頼りたい」という男性への信頼感を求める部分と「守りたい」という母性本能の部分があるからです。

年下に好かれる男性というのは、この「頼りたい」という願望と、「守りたい」という母性本能を刺激する2つの要素を持ち合わせた男性なのです。

つまり、年下だからこうすれば好かれるというものは無く、年齢問わず共通する「好かれる男性像」を目指す事が大切になります。

年下が相手だからと、変に大人ぶったりすると逆効果になりますので注意してくださいね。

頼りたい男性

それでは、頼りたい男性とはどのような男性でしょうか。

頼りになる男性とは、まず仕事がきちんと出来る男性で、与えられた仕事をしっかり達成できる能力を持っている男性です。

仕事というのは労働に限らず、知識、技能、判断力を必要とする全ての行動の事で、金銭的な問題だけではなく、生きるために必要な動物としての能力の事を言います。

つまり、一緒に居て安心できる人、何かあった時にでも不安にならずに一緒にいれる存在の男性です。

そして、年齢相応のスキルを持って、年下の経験値では手に入れられないような能力や知識を持っている事が、年下に好かれるためには必要な条件になります。

これは哺乳類のメスが、遺伝子としてオスに求める本能なので、年齢に関係無く女性が男性に対して「本能的に魅力と感じる」要素になります。

守りたい男性

次に、守りたい男性とはどのような男性でしょうか。

守りたい男性とは、男性が女性に対して守りたいと思うような「か弱い」というイメージではありません。

女性が思う守りたい男性とは「癒しを与えたい」「支えたい」と思える男性像です。

つまり、一生懸命頑張っている男性を「癒したい」「支えたい」という女性の願望を満たしてくれる存在です。

中には「ダメ男が好き」という、非常に母性本能が強いタイプの女性もいますが、年上が好きな女性というのは基本的には「癒したい」「支えたい」と思うタイプの女性が多いのです。

母性本能をくすぐる男性

そして、もう1つは母性本能をくすぐる男性です。

どれだけ年齢の離れた女性でも、女性は母性本能を持っていますので、時には甘えて欲しいという願望があります。

普段からベタベタ甘えてくるような弱々しい男性ではなく、ふと仕事に疲れたりして弱った時に「自分に甘えてくれる男性」というのは、女性にとっては嬉しいものなのです。

それが年上の男性であった場合は特に「いつもは年上で大人っぽいのに、今日は甘えてきて可愛い」という気持ちになります。

そういった母性本能を上手く引き出せる男性は、年下に好かれる男性と言えるでしょう。

年下への接し方

年下に好かれたいと思う男性は、大人ぶったり、年下扱いしてしまいがちですが、これは逆効果になります。

年下の女性に対して「年下扱い」をしてしまうと「偉そうな男性」という不快な思いをさせてしまう恐れがあります。

相手が年下であっても、平等に接する事が大切になります。

年下だからと接し方を変える必要は無く、同年代と同じように接する方が良いでしょう。

特に、年上が好きな女性というのは「自分が年下」という事を気にしている場合があります。

自分が年下である事で相手に子供扱いされると、傷ついてしまうばかりではなく「やっぱり自分は相応しくない」と年齢差をデメリットととして受け取ってしまいます。

なので、悪い方向で年齢差を感じさせない事が、年下と接する上ではとても大切になります。

年上と親の境界線

年下の女性と接する時に、やってはいけない事が「親のようになる」事です。

年下の女性に対して心配をする余り、口うるさくなったり、変に束縛するような言動をしてしまうと「保護者」のような態度になってしまい、年下の女性に「親みたい」と思われてしまう可能性があります。

相手が年下の女性なので、自分がしっかりしなくてはいけないと思い、親のようになってしまう男性が多いのですが、これは女性にとっては「嫌な束縛」になってしまいます。

こうして「親みたい」と思われてしまうと恋愛感情を持てなくなり、一緒に居る事が苦痛になりますので、年下の女性だからと過保護になりすぎて親みたいな態度にならないように気をつけて接しましょう。

女性は年上好きが多い

男性は年下の女性に対して年齢差を気にする傾向がありますが、実はそこまで年齢差を気にして接する必要はありません。

というのは、女性は基本的に「年上好き」が多いのです。

芸能人のファンの女性を見ても分かるように、20代の女性でも普通に30代や40代の男性に恋愛感情を持っていたりします。

もっと若くても、中高生の女の子が、20代や30代の芸能人を追いかけているなんていうのも普通ですよね。

このように、女性は年上の男性に対して男性が思うほど抵抗が無いので、変に「年下だから」と構えて接する必要はありません。

アナタのまま自然体で、同年代と同じように接すれば問題ありませんので、女性があなたに「甘えても良い」という敷居の低さを残しておいてあげて下さい。

年上オーラを出しすぎて、壁を作れば作るほど、年下の女性は引き腰になって近づきにくくなってしまいます。

まとめ

この記事では「年下の女性に好かれる男性」について解説しましたが、年下の女性だからという構えを持つ必要はありません。

アナタは普段のままで、同年代と同じように年下の女性と接する事を心掛けて下さい。

そして、自分の知識や経験を見下すようにアピールするのではなく、あくまで自然に見せる事が大切です。

そして年下だからと年下扱い、子供扱いをせずに、平等に接するようにして下さい。

決して親のように注意したり、口うるさく言うような事は避ける必要があります。

ある程度の心配をするのは、女性にとって嬉しいものですが、日常的にあれこれ心配されると、親と居るようで息苦しくなってしまいます。

時には頼りになる男性で、時には甘えてくれる男性。

年上としてのカッコイイ男の魅力を持ちつつも、女性としての母性本能を満たしてくれる可愛い男性。

こういった男性が年下に好かれる男性になりますので、同年代と接するより敷居は高くなりますが、年下の女性にはたくさんの魅力があります。

自分が年上だからと諦めないで、年下の女性にアピールしてみましょう。

女性は基本的に年上が好きなのですから、アナタは年齢差を何も心配する必要はありません。

宮本ひかるの婚活講座(無料)はこちら>>


プロフィール略歴

恋愛・婚活レッスン講師 宮本 ひかる

女性との交際が苦手な男性専門に、恋愛・婚活成就のための実践ノウハウを提供している。私のWEBスクールでは、女性との関わりに自信がなく、恋愛・婚活が成功しない男性に対し、交流分析、ゲシュタルト療法、NLP、セルフリペアなどを組合わせたメソッドをお伝えし、理想的な出会い、成就するための婚活実践法をお伝えしています。また、女性とのコミュニケーション術の実践方法は定評をいただき、本WEBスクールでも直接講師をしております。

恋愛心理カウンセラー宮本ひかる
無料・婚活 WEB スクール

メンズ婚活実践講座「婚活男性のWEBスクール」無料メール講座
登録フォーム


●特別レポート
遺伝子レベルでの恋の秘密
『遺伝子で恋をする』
進呈!

※【ご注意】icloud、ezweb、au、i.softbank、docomoの
メールアドレスは、
講座が届きませんので、
別のアドレスをお使い下さい。

※登録されたメールアドレス、名字は弊社のプライバシーポリシーに則って管理いたします。
※この無料メール講座には、メンズ婚活実践講座が提供している有料講座のご案内をお送りすることがございます。
※配信解除は、お送りするメールから簡単に行う事ができます。
※この無料メール講座は、100%交際・結婚成功をお約束するものではございません。