無料・婚活 WEB スクール
何故かデート2〜3回で終了する方へ婚活WEBスクールメンズ婚活実践講座 今すぐ成婚ノウハウを受け取る(無料)

本当に40歳からより婚活が厳しくなるの?何が効果的なの??

年齢別未婚率と有配偶率

1980年より以前に生まれた男性は精力的に仕事をしてきた方が多いのではと思います。「24時間戦えますか?」というCMの栄養ドリンクもあったりしましたね。責任を持って取り組まれ、仕事を最優先にされている素敵な世代です。

そういった40歳代の方々で2019年話題になった結婚として、山里亮太さんと蒼井優さん、城島茂さんと菊池梨沙さん、石崎史郎さん(日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」ディレクター)とイモトアヤコさん、などがあります。

みなさん、男性の年齢が全員40歳以上にもかかわらず、初婚なんです。

40歳からでは結婚は難しいというイメージがありそうですが、本当にそうなのでしょうか?今回は何が結婚するために効果的なのかをお伝えしていきます。

 

1 未婚率と有配偶率は?

最初に、国勢調査から男女15~19歳から80~84歳までの未婚率と有配偶率のデータを確認してみます。

国勢調査は5年に1度ですので、下記は2015年のデータとなっています。

年齢別未婚率と有配偶率

 

全年齢でまんべんなく未婚の方々はいらっしゃいますが、女性より男性のほうがより未婚率が高くなっていることがお分かり頂けるかと思います。

女性の未婚率が低いのは、出産のことを意識され、早めに結婚に踏み切らられていることが要因と思われます。

男性の場合は、働き盛りの20代~30代は仕事に邁進されており、どうしても結婚に意識が向きにくい傾向にあるのではと考えられます。

 

1.1 40代の未婚率

40代に限って見ていきますと、女性の平均は17.7%、男性の平均は27.9%です。男性の方が圧倒的に数値が高いのが分かります。40代の男性は4人に1人以上が結婚出来ていないというのが実情になります。

40歳からでも結婚している方は一定数います。とはいえ、年齢が上がればあがるほど未婚率は低くなりますので、結婚がより難しくなると言えます。

 

1.2 生涯未婚率の上昇トレンド

生涯未婚率とは、一度も結婚をしないまま50歳を超えた方々の数値になります。過去の国政調査のデータを振り返ると、1990年代から急激に上昇し、5年毎の統計データ(2005年、2010年、2015年)において数値が上昇トレンドにあります。今後、減少することはなく、更に上昇していくと想定されます。

 

2  40代で結婚出来ていない人とは?

上述のとおり、40代の方と言うのは20代~30代に仕事を頑張ってきた方々です。とはいえ、いずれの婚活も行っていないという方は少ないではと思います。にもかかわらず、結婚出来ていない方々には下記の理由があると思われます。

 

2.1 理由1:「引き算」の評価になっているかも

40代ともなると、相手の方に期待することが多くなってしまうのも致し方ないことだと思いますし、理想の女性像を抱くのはとても大事です。ですが、少しずつ相手のここがイヤだなと、マイナス評価をし始めてしまう、すなわち、引き算の評価になってしまっているのかもしれません。

具体的に言うと、食事における箸の持ち方、買い物時の店員さんへの態度、などの女性らしい部分を垣間見たい部分です。

 

2.2 理由2:頑張り方を間違えているかも

多くの出会いがあり様々なアクションを起こしているものの続かないというのは、もしかすると頑張り方を間違えていただけかもしれません。

例えば、相手に早く会いたい思いが先行して一方的に出会う日時を決めてしまう、LINNやメールの会話が長文になってしまう、服装が若者過ぎてしまう、などです。

 

2.3 理由3:始めから諦めているかも

あるいは、結婚相談所や街コンなどで婚活を行ってきて出会いがあったものの、長く続かずに恋愛として発展しなかったため、出会いなんて無い!と、諦めてしまっていることもあるかもしれません。それはもしかすると、あと一歩頑張れば恋愛から結婚に到達していたかもしれないです。

 

3  結局、何が効果的なの??

いま40歳代の方々の親世代、つまり昭和時代には、会社の上司がお見合い話を持ってきたり、お見合いをしきりに進めてくるお世話好きな人が存在していました。

ですが、平成後半や令和において、そのような人達は少なくなってしまったと言わざるをえません。会社の上司がそのような話をすれば、パワハラやセクハラと捉えられない可能性があるためです。また、結婚しないことをポリシーにしていると思われ、世話をしてしまうこと自体が迷惑がられる可能性もあります。

棚からぼた餅、のようなことは起こらず、自らアクションを起こす必要がある時代が来ています。

 

3.1 解決策1:「足し算」の評価に変える

結婚することにおいて、本当に譲れないこととはなんでしょうか?ご自身の中で棚卸しを行う必要があります。100個あると思っていても、実は書き出してみると10個ほどだったということもあるかもしれません。

その条件を満たしていることをスタート地点として、お相手の良いところを見つけて「足し算」にしてみてください。きっと、お相手が素敵に見えてくるはずです。

 

3.2 解決策2:結婚出来た人にヒアリングする

あなたの周りを見渡してみてください。婚活がより難しいと言われている40歳から始めて結婚をされている方が少なからず存在しているのではと思います。その方々は実際に結婚まで到達していますので、道のりを知っています。

その人が友人であれば、聞きやすいので早速聞いてみましょう。

 

3.3 解決策3:アクションの仕方を教えてもらう

いろいろとアクションを起こしてきたのにうまくいかなかったのは、やり方が間違っていたり、知らないだけだと思います。ちょっとしたアドバイスやちょっとしたきっかけがあれば、修正出来ることかもしれません。

仕事では出来ているPDCAが、こと結婚になると出来ない方というのは「 P 」以外の部分がイメージ出来ていないのではと思います。

1人で考えても出ない答えは、誰かに聞いてしまうのが一番の解決策ではと思います。

 

4 まとめ

40歳からの結婚は確かに難しいかもしれません。ですが、可能性は間違いなくあります。結婚したいという思いが高ければ高いほど、その望みは叶いやすいはずです。

データ統計上、低い数値ではありますが結婚されている方はいます。それは最後まで諦めなかった方々にほかなりません。あなたの人柄を好きになってくれる人は必ずいます。

結婚したいではなく、結婚すると決めてしまえば、何も怖くありませんからね!