無料・婚活 WEB スクール

メンズ婚活実践講座「婚活男性のWEBスクール」無料メール講座
登録フォーム


●特別レポート
遺伝子レベルでの恋の秘密
『遺伝子で恋をする』
進呈!

※【ご注意】icloud、ezweb、au、i.softbank、docomoの
メールアドレスは、
講座が届きませんので、
別のアドレスをお使い下さい。

※登録されたメールアドレス、名字は弊社のプライバシーポリシーに則って管理いたします。
※この無料メール講座には、メンズ婚活実践講座が提供している有料講座のご案内をお送りすることがございます。
※配信解除は、お送りするメールから簡単に行う事ができます。
※この無料メール講座は、100%交際・結婚成功をお約束するものではございません。

まだ焦らなくても大丈夫?35歳男性の婚活あるあるとは

35歳という年齢は、男性と女性で意味合いが変わってくるのはご存知でしょうか?

女性にとっての35歳は、出産適齢期を過ぎており、結婚に焦りが出てしまう年齢となります。

男性の場合、35歳の頃には様々な経験をしており、プライベートや仕事が充実している年齢だといえるでしょう。

35歳男性は仕事もプライベートも順調なので、婚活もすんなりうまくいくと思っていることが多いです。

そんな35歳男性は、婚活においてハマりがちな「婚活あるある」が度々見受けられます。

35歳男性の婚活あるあるにはどのようなものがあるのでしょうか。

35歳男性の婚活あるあるとは

35歳男性は職場において、中堅~ベテランの立場になっており、会社ベースの生活になっていることが多いでしょう。

職場では女性と接する機会も多いので、35歳の未婚男性は異性を意識しやすく、結婚のことを考える年齢ともいえます。

35歳男性は、職場での女性への価値観が婚活に反映されていることが多い傾向にありますよ。

職場での女性への立ち居振る舞い、女性への考え方が、35歳男性の婚活あるあるになっているといっても
過言ではないでしょう。

35歳男性の婚活あるあるにはどのようなものがあるのでしょうか。

[35歳男性の婚活あるある] ①実年齢よりまだまだ若いと思っている
②女性からの「いいね」に勘違い
③20歳代前半女性にアタックする
④自分の価値観を押し付ける
⑤同年代の女性がなかなか居ない

上記が挙げられます。
35歳男性の婚活あるあるは、他にもありますが
今回はこの5点を挙げますね。

実年齢よりまだまだ若いと思っている

35歳男性は職場において、若い女性社員から「35歳に見えない」「実際より若いですよね」など、社交辞令でのお世辞を
そのまま受け取ってしまうことにより、実年齢よりもまだまだ若いと思っていることが多いでしょう。

実年齢よりも若いと思っている考えは婚活にも反映されることが多く、プロフィール欄に「実際よりも若く見られます」など
ついつい載せてしまうことは35歳男性の婚活あるあるだといえますよ。

35歳男性の女性と接する機会は、職場での女性社員との会話が多くなるので、会話の内容が自身に投影されることが多くなってしまいます。

あまり自分自身を客観視できないのが、35歳未婚男性の特徴ともいえるでしょう。

社交辞令などではなく、実年齢よりも若く見られるようにするために、スタイル改善やオシャレに気を遣うようにしましょうね。

女性からの「いいね」に勘違い

様々な婚活サービスを利用する上で、婚活アプリなどの「いいね」を女性から送られたことにより、女性が自分に好意を抱いてるのではと
勘違いしてしまうのは35歳男性の婚活あるあるだといえるでしょう。

35歳で恋愛経験が乏しい男性は、女性からアプローチをされた経験が少ないので、女性からの「いいね」に勘違いして舞い上がってしまう
傾向があります。

婚活サービスでの「いいね」は、自分に合いそうだと思った不特定多数の異性に送っていることが多く、好意と結びつけるのは早いですよ。

女性から「いいね」を貰ったことにより、「この女性は自分のことが好きなんだな」と勘違いしてしまい、「いいね」をしてくれた
女性に対して上から目線になるのは35歳男性の特徴ともいえるでしょう。

女性からの「いいね」に舞い上がらないようにして、謙虚な態度で接するようにしましょうね。

20歳代前半女性にアタックする

35歳男性は、職場で若い女性社員と接する機会も多く、20歳代前半女性を意識することも多いでしょう。

「職場で若い女性社員と楽しく会話してるし、まだまだモテるのかも」と勘違いしてしまい、20歳代前半女性にアタックしがちなのは、
35歳男性の婚活あるあるだと思いますよ。

男性は若い女性を好む傾向が圧倒的に多く、35歳男性も例外ではないでしょう。

しかしながら、20歳代前半女性からしたら35歳男性は「おじさん」であり、婚活において無謀なアタックとなってしまうことが
多いです。

そもそも無謀なアタックにもかかわらず、「こんなはずでは…」とショックを受けて落ち込んでしまうのも、
35歳男性の婚活あるあるだといえます。

職場で若い女性社員と楽しく会話できるのは、上司と部下という立場があるからということを忘れないようにして、
年齢相応の女性にアタックするようにしましょうね。

自分の価値観を押し付ける

35歳男性は、既に1人暮らしをしていることが多く、ある程度の家事をこなすことはできるといえるでしょう。

女性との恋愛経験が乏しく、1人暮らし歴が長くなるほど、生活をする上での自分ルールがあることが多いようですよ。

「洗濯をする時は〇〇」「料理の時には□□」など、生活における自分の価値観を女性に押し付けがちなのは、
35歳男性の婚活によく見られる光景だといえますね。

結婚生活は夫婦二人で作り上げていくものなので、お互いを尊重し合い、ある程度は妥協することが重要です。

「女性はこうあるべき」といった固定観念だけでなく、生活ルールなどの価値観を、あまり女性に押し付けないようにしましょうね。

同年代の女性がなかなか居ない

婚活中の35歳男性が陥ちがちな婚活あるあるは、同年代の女性がなかなか居ないことだといえるでしょう。

35歳の女性は、早い段階から婚活を始めている人が多く、35歳の時点で既に結婚していることが多いです。

女性は男性と違い、年齢による出産のリスクも伴いますので、結婚への動き出しは男性よりも早いのが特徴です。

同年代の女性にアプローチしたいのであれば、早めに婚活を始める必要がありますよ。

35歳男性の婚活において、同年代の女性は少なくなってしまいますので、早めに婚活を始めるか年齢層を幅広く
持った婚活をするようにしましょうね。

35歳男性の婚活がうまくいくコツ

35歳の恋愛経験が乏しい男性は、女性と接する機会がほぼ職場だけという人も多いと思います。

職場の女性は、会社内での立場や距離感を保つために、誰とでも友好的に接してくれます。

「職場の女性社員とは〇〇の話で盛り上がった」「職場の女性社員に□□だと言われたから」など、女性に関することを
職場ベースで考えてはいないでしょうか?

職場の女性社員は、面倒なトラブルに巻き込まれないように、誰かが傷付くような発言はしないでしょう。

女性の価値観を職場ベースで考えてしまい、婚活に反映させようとすることが、婚活の失敗につながってしまいます。

35歳男性が婚活でうまくやっていくためには、職場での女性社員の発言や行動を真に受けないようにして、
女性を尊重する心を持つことが重要ですよ。

職場という小さな枠にとらわれないようにして、謙虚な気持ちで女性に接することが、婚活がうまくいくコツだといえるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

35歳男性の婚活あるあるは、自分を客観視できないものが多く、職場の女性社員の影響が大きいことがわかりますよね。

35歳男性は周りも既に結婚していることが多く、婚活についてあまり相談できる人がいないのも特徴です。

自分自身の中にある価値観をそのまま出してしまうことが、ズルズルと婚活を長引かせることにもつながっており、
35歳男性が陥りやすい負のスパイラルだといえるでしょう。

35歳の恋愛経験に乏しい男性は、自分を客観視してみることにより、見えてくる世界も変わってくると思いますよ。