無料・婚活 WEB スクール

メンズ婚活実践講座「婚活男性のWEBスクール」無料メール講座
登録フォーム


●特別レポート
遺伝子レベルでの恋の秘密
『遺伝子で恋をする』
進呈!

※【ご注意】icloud、ezweb、au、i.softbank、docomoの
メールアドレスは、
講座が届きませんので、
別のアドレスをお使い下さい。

※登録されたメールアドレス、名字は弊社のプライバシーポリシーに則って管理いたします。
※この無料メール講座には、メンズ婚活実践講座が提供している有料講座のご案内をお送りすることがございます。
※配信解除は、お送りするメールから簡単に行う事ができます。
※この無料メール講座は、100%交際・結婚成功をお約束するものではございません。

高学歴女子との結婚はオススメできる?

学歴社会という言葉があるように、学歴というものはその人を知るためのひとつのポイントでもあります。
職業であっても、その職業に就くにあたって必要な学歴がある場合もありますね。
就職活動でも学歴というものはひとつの判断基準となることもあります。

貴方は学歴に自信がありますか?
もしくは、お相手の学歴が気になりますか?
今回は高学歴女子との結婚やお付き合いについてお話します。

高学歴女子のイメージ

高学歴の女性にどういったイメージがあるでしょうか。
「収入が多そう」「男性にも学歴を求めていそう」「プライドが高そう」そういった風な印象を持つ方もいるそうです。

実際、高学歴の女性は高収入である場合もあります。
しかし男性と同じように、高学歴の方すべてが高収入というわけでも、プライドが高いというわけでもありません。
学歴がよくないからといって頭が悪いわけでもない。
そして学歴があってもすべてに優れているわけでもありません。

当然のことですが、学歴だけで人を判断しないようにしなければいけませんね。
女性の経歴をみて高学歴だったとしても気後れする必要もあえりません。
学歴は気にせず、その方自身をみてあげてください。

どうしても高学歴が気になるという方は、学生時代「勉学に励んだ人」と思ってはいかがでしょうか。
部活動に励んでいた人、アルバイトに励んでいた人と同じです。

 

避けるべき高学歴女子

残念ながら高学歴女子と呼ばれる女性の中には避けたほうが良いタイプの方がいます。
高学歴女子のイメージの悪い部分がそれに該当するようです。
重ねて言いますが、高学歴女子の皆さんがそうであるわけではありません。
素敵な女性とお付き合い・結婚するために今からご紹介するポイントに注目してみてください。
具体的に、避けるべきタイプをご紹介します。

<h3>「プライドが高い女性」</h3>

学歴に自信のある女性の中には、学歴の優れていない方々を自分よりも低く見てしまう人がいます。
学歴で人を判断してしまう人とも言えるでしょう。
こういった方はいくら素敵な美貌の持ち主であっても、お付き合いや結婚するとなると苦労することになるかもしれません。

お付き合い、結婚はお互いをパートナーとして向き合うことが大切です。
そんな結婚ではプライドは大きな壁となるでしょう。
プライドが高い人ほど、自分の非を認めなかったり意地を張る傾向にあります。

又、貴方よりも学歴が良い場合、貴方が気後れしてしまう可能性もあります。
人はだれしも「自身の知識の浅さの露見」を始めとした、劣等感を抱くことを避ける傾向にあるからです。
お付き合いしていくあいだは気にならないかもしれませんが、共に過ごす内にその劣等感が蓄積していく場合もあります。
自身の知識をひけらかす傾向のある女性であれば要注意といえるかもしれません。

<h3>「なんでも自分を正当化して行動してしまう女性」</h3>

学業や仕事などで成功を手にしてきた方のなかには「自分は正しい」と強く思い込んでいる方がいます。
こういったタイプの女性も結婚のパートナーとしては、対等な関係を築きにくい場合や喧嘩が多くなる場合が考えられます。

自身の意思が強く、意見を曲げない性格の女性であれば貴方ばかりが我慢することになるかもしれません。
場合によっては貴方の意見を全否定されてしまう恐れもあります。
そういったお相手との交際は貴方のストレスになりかねないのではないでしょうか。

いくらそこに愛があったとしても、自身の意見が通ることが少ない。
そして女性の考えを押し付けられるようなことばかり。
そんな結婚生活は幸せとは言えないかもしれません。

<h3>「完璧主義・向上心が強い女性」</h3>

仕事でも完璧主義の方がいるように、自身の仕事や行動に妥協ができない方がいます。
高学歴の女性は比較的、完璧主義の方が多い傾向にあるようです。
妥協をしない性格だからこそ、ある意味、学業で成功しているのかもしれませんね。
そして、向上心の強さがあるために新たな知識や自身の成長を求め続けることもあるようです。

それらは素晴らしいことです。
常に新しいことを学ぶ姿勢や、妥協を許さない努力は真似したくても真似できないかもしれません。
しかし、あまりにもそれらが強すぎると危険と言えます。

パートナーが常に前を向いて突き進む姿に、リラックスできない・気が張ってしまうと感じる男性も多いようです。
もし貴方にも完璧さや向上心を求めるようであれば更に苦しい思いをするかもしれませんね。

 

高学歴女子のいいところ

高学歴女子は「自身を律する力がある」とも言えます。
学生のころ、勉強しなければいけないのに勉強よりも遊びを優先した経験はないでしょうか。
そういった気持ちを律して、もしくは制御・調整して勉強に励み高学歴を手にした方もいます。
そのため、理論的・冷静である方が目立つ傾向にあるようです。
感情的・衝動的な女性が苦手な方には、そういった高学歴女子は非常に相性がいいとも言えるのではないでしょうか。

又、勉強を通して判断力や決断力を培うことも多いようです。
知らない知識を意欲的に学ぶ姿勢もあるようで、なんでも自分でトライする強さと好奇心も兼ね備えています。
つまり、「自立」している傾向にあると言えるでしょう。
自立している女性がお相手であれば、結婚しても女性に縛られることなく自由に過ごすことができるかもしれません。

そして貴方にばかり家計などの負担を負わせず、女性も積極的に動いてくれることもあるようです。
そういった女性はとても心強い貴方の人生のパートナーにもなりえますね。
なにか困難にぶつかっても、ふたりであれば乗り越えられるという自信や安心感にもつながるのではないでしょうか。

もうひとつの特徴として、学業に励んできた分、恋愛に疎い女性も比較的多いということ。
変に男性慣れをしておらず、男性のしてくれることになんでも純粋に喜んでくれるかもしれません。
もし貴方もあまり恋愛経験がないというのであれば、女性と共に自分たちのペースでお付き合いも結婚生活も進めていける可能性もありますね。

高学歴女子への対応

高学歴の女性についてお話しましたが、そんな女性たちと上手く接するにはどうすればいいのでしょう。
高学歴の方は男女問わず、少なくとも自身の学歴になんらかの想いがあるはずです。
高学歴ということは学業に力をそそいだ結果と言えます。
知識をひけらかすことや、学歴を自慢することは無理ない話なのかもしれませんね。
お相手がどういった方であれ、その努力を認めることは大切です。
「勉強を頑張ったんだね」と、否定しないようにしましょう。

一方で、世間からすれば高学歴でも本人にとってはそうでない可能性もあります。
たとえば第一志望の大学に落ちてしまったかもしれません。
「学歴はよくないよ」「そんなに頭はよくないよ」その言葉が、謙遜であるのか本人の望む結果でなかったのかは他人には判断できません。
そういった意味でも、貴方から学歴に関する話を進んでするのはあまりオススメできないと言えます。
学歴の良い人イコール、自身の学歴に自信のある人でないことは頭の片隅にでも覚えておくといいかもしれません。

高学歴女子のイメージはあまりよくないかもしれませんが、すべての方がそのイメージ通りとは限りません。
又、高学歴だからこそのいいところもあります。
学歴で判断せず、実際に会ってみてどんな方か知ることを大切にしていただきたいと思います。


プロフィール略歴

恋愛・婚活レッスン講師 宮本 ひかる

女性との交際が苦手な男性専門に、恋愛・婚活成就のための実践ノウハウを提供している。私のWEBスクールでは、女性との関わりに自信がなく、恋愛・婚活が成功しない男性に対し、交流分析、ゲシュタルト療法、NLP、セルフリペアなどを組合わせたメソッドをお伝えし、理想的な出会い、成就するための婚活実践法をお伝えしています。また、女性とのコミュニケーション術の実践方法は定評をいただき、本WEBスクールでも直接講師をしております。

恋愛心理カウンセラー宮本ひかる
無料・婚活 WEB スクール

メンズ婚活実践講座「婚活男性のWEBスクール」無料メール講座
登録フォーム


●特別レポート
遺伝子レベルでの恋の秘密
『遺伝子で恋をする』
進呈!

※【ご注意】icloud、ezweb、au、i.softbank、docomoの
メールアドレスは、
講座が届きませんので、
別のアドレスをお使い下さい。

※登録されたメールアドレス、名字は弊社のプライバシーポリシーに則って管理いたします。
※この無料メール講座には、メンズ婚活実践講座が提供している有料講座のご案内をお送りすることがございます。
※配信解除は、お送りするメールから簡単に行う事ができます。
※この無料メール講座は、100%交際・結婚成功をお約束するものではございません。