無料・婚活 WEB スクール
何故かデート2〜3回で終了する方へ婚活WEBスクールメンズ婚活実践講座 今すぐ成婚ノウハウを受け取る(無料)

女性との会話が苦手な男性の特徴と、試してほしい4つのこと

あなたは女性と話すことに苦手意識を持っていませんか?
特に、もともと話すことが得意でない人にとっては、異性である女性との会話はとても難しいものかもしれませんね。

女性との会話がうまくいかないと、恋愛に発展することが困難であるほか、それ自体がコンプレックスとなり、さらに自信を失ってしまう要因になってしまうこともあります。

今回は、そんな女性との会話が苦手な男性のために、会話を楽しむことができるようになる方法についてお話していきます。
会話が苦手だという人はもちろん、もっと女性と楽しく話したいと思っている人は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

女性との会話が難しく感じる理由

同じ男性との会話と違って、なんだか難しい女性との会話。
どうして女性との会話は、多くの男性が苦手意識を持つほど難しいのでしょうか。実は、男性が女性との会話に苦手意識を持つのにはちゃんと理由があるのです。まずはその理由についてご説明していきます。

異性として意識しすぎてしまう

女性を前にするとわけもなく緊張する、という男性の多くは、「異性」として特別視している傾向が強いです。

「どう見られているのか気になる」「良く見られたい」という気持ちから、つい肩に力が入ってしまうのですね。
自然体でいたいと思えば思うほど、女性との会話がスムーズに進まず、苦しんだ経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

盛り上がれる話題が違う

そもそも女性と男性では、楽しく盛り上がれる話題がまったく違うという問題があります。
女性たちがグループで話をしているのを横で聞いていて「何が楽しいんだろう」と感じた経験はありませんか?

実は、女性も同じような気持ちを男性に抱いています。
女性と男性は別の生き物だと言われるほどに、脳の働きや心の機微が違います。
この根本的な違いをどのように埋めていくかが、女性との会話を盛り上げるカギなのです。

女性との会話が苦手な男性の特徴

女性との会話が好きでないという男性は多く存在します。
その男性に当てはまるわかりやすい特徴を3つご紹介します。自分自身に問いかけながら、当てはまっている項目がないか確かめてみてくださいね。

女性慣れしていない

同じ男性とは、初対面でもすぐに打ち解けることができるのに、女性が相手になると途端に喋ることができなくなる。
そんな人は、女性との関わりが少なく、慣れていないことが原因かもしれません。
もともと女性に対しての関心が薄かったり、女性そのものに苦手意識を持っている男性は、多くこれに当てはまります。

緊張しやすい

男性女性問わず、人と話すことがそもそも苦手だという人は、緊張しやすいことが特徴として挙げられます。
会話はコミュニケーションなので、相手の気持ちを尊重したやりとりが必要です。
相手を傷つけてしまうんじゃないかという不安を抱えているひとや、相手の言葉尻のひとつひとつが気になってしまうひとも、これに当てはまるでしょう。

話題の引き出しが少ない

話をすること自体に苦手意識を持っていなかったとしても、うまく話題を見つけられずに話が途切れてしまう。
そんなあなたも女性との会話が苦手なはずです。円滑に会話を進めていくためにはいくつかのポイントを押さえる必要がありますが、なかでも話題選びは女性のテンションの上がり下がりに直結する大切な要素です。

「何を話したらいいのかわからない」という困った状況に頻繁に陥ってしまう男性は、話題の引き出しが少ないことが特徴として挙げられます。

女性との会話が苦手な男性に試してほしい4つのこと

ここまでお話してきた通り、女性との会話に苦手意識を持つ男性というのはとてもたくさんいます。
「どうして自分だけうまくしゃべることができないんだろう」と悩む人も、安心してくださいね。
女性との会話は難しく感じて当然なのです。
それではここからは、そんな難しい女性との会話をうまく盛り上げるための方法についてお話していきます。

聞き手に回る

苦手意識を持つ男性の多くが、女性との会話を盛り上げようと、無理をして話し手に回ります。
相手を楽しませようという気持ちからの行動ですが、女性との会話に関しては、話し手に回ることはあまりおすすめできません。
というのも、女性は「話したい」「聞いてほしい」という願望を持って会話をしていることが大半だからです。

女性は自分の話を聞いてもらうこと、そして受け入れてもらうことを望んでいます。
なので、意識して聞き手に回るだけでも、女性との会話が不思議と滑らかになっていくのです。
無理をして自分の話ばかりをしてきたという経験がある男性は、聞き手に徹してみましょう。

共感の意思を示す

聞き手に回ることを提案しましたが、女性の話を聞くうえで意識したいポイントがもう一つあります。

それは女性の気持ちに寄り添うことです。

女性の意見や気持ちに「わかるよ」「そうなんだね」と共感を示すことで、女性の警戒心を解き、親密度を上げていきます。
女性は男性に話を聞いてもらいたいと思っており、そしてそれと同じくらい「わかってほしい」と思っています。

女性からの相談に的確なアドバイスができない、という悩みを持つ男性もいますが、実はアドバイスをしてあげる必要はないのです。ただ女性の気持ちに寄り添い、共感してあげるだけで、会話において女性を満足させることができます。

適度にリアクションをとる

女性との会話中は、できる限りわかりやすくリアクションをとりましょう。
笑うべきところでは笑い、驚くべきところでは多少オーバーに驚いてみましょう。リアクションはいわば「あなたの話をちゃんと聞いていますよ」というアピール。
適度なリアクションを挟むことで、女性の話をする意欲に火をつけ、会話の流れを作りましょう。

話題をあらかじめ用意しておく

話題を引き出すことが苦手なら、あらかじめいくつかの話題や会話パターンを用意しておくことがおすすめです。
天気の話、仕事の話、趣味の話など大まかなジャンルに分けて用意しておけば、話題探しに困らずに済みます。会話をする女性との間柄によって、うまく話題を準備することができれば理想的です。

まとめ

現代でも多くの男性が苦手としている女性との会話。
気になる女性がいても、なかなかうまく話ができずに進展せず悩んでいる男性もいることでしょう。
簡単ではない女性との会話も、実は少しのポイントを押さえるだけで意外と楽しく盛り上がるものなのです。
ご紹介した方法のなかから、自分にできるものを選んで、少しずつ実践してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です