無料・婚活 WEB スクール
何故かデート2〜3回で終了する方へ婚活WEBスクールメンズ婚活実践講座 今すぐ成婚ノウハウを受け取る(無料)

女性と仲良くなるには会話のキャッチボールが大事!どのようにできる

「彼女を作りたい」と思った時、何が重要かと言うと、まずコミュニケーション(会話)になります。
会話をしなければ女性とも気まずい空気になってしまい、仲良くなるどころか振られてしまうこと原因となってしまいがちです。
ただ、会話をするにしても自分の話ばかりしていても好印象を得られないため、会話はキャッチボールのようにお互いに話をするのが大切になります。
今回は、女性と仲良くなるには、どのように会話のキャッチボールができるのか紹介していきたいと思います。

女性から振られてしまいがちな男性とは

女性は会話を楽しむか傾向にあるので、「彼女を作りたい」と思うなら会話をしっかり行う必要があります。
しかし、会話をするとしてもどのようなものでも良いわけではなく、どのような会話をすることができるのかが重要です。
女性が合ってみた男性の中でも「次はないな」と思われる男性には2つのパターンがあり、「会話が弾まない」、「答えになっていない回答」。
この2つには問題点があります。

会話が弾まない

会話をするときに女性から質問をされることもありますが、その際に答えが「そうです。」、「ああ」など、答えてしまうこともあるかもしれません。
しかし、このような言い方は会話がストップしてしまい、会話を盛り上げることができず女性からは、「会話がつまらない」と感じられて敬遠されてしまいがちです。
男子としては質問に答えているので会話をしているつもりでも、女性からすれば自分が質問ばかりして全く会話になっていない」と感じて疲れてしまいます。

答えになっていない回答

女性から質問をされたときに、全く的を得ていない回答をしてしまうことも女性からは敬遠されてしまいます。
例えば、「仕事は何をれているのですか?」と質問されたときに、「人を助けることをしていますが、最近はとても忙しくてね」という風に曖昧な答え方をしてしまうと女性からは「話どういうことだろう?」と思われるかもしれません。
話の答えを遠回しに言ったり、独特な言い方で言ってしまうと女性として会話がしらけてしまうので、答えになっていない言い方も避けるべきです。

話が苦手な人はどうすべきか

女性と仲良くなるためには会話のキャッチボールが必要になりますが、「元々会話が苦手だ」と感じる男性もおられるはずです。
もし、会話が苦手であっても女性に関心を示す必要はあるので、前もって質問を考えておくことができます。
例えば、「趣味は何ですか?」、「休みのは何をされていますか?」など事前に準備しておくなら会話を始めることができるはずです。
会話が苦手なので話をせずに、黙っていることや目を合わせないようにするなら女性からの反応は良くありません。
付き合いたい女性を探すためにも会話のキャッチボールは軽くみないようにすべきです。

見出し3:会話のキャッチボールをどのように行うか

会話のキャッチボールを女性と行うためには、ある程度準備しておくことやコツを掴んでおくことが大事になります。
「どのように会話のキャッチボールを始めることができるのか」というコツを紹介していきます。

自分のことを話してから質問をする

会話のキャッチボールを行うために、まずは自分のことを話してから相手に質問をすることができます。
例えば、「僕は仕事で建設関係の仕事をしているのですが、〇〇さんはどんなお仕事をされていますか?」と聞くことができます。
自分のことを話してから相手に質問をした方が女性は質問の意図を理解しやすいので、答えやすくなります。
また、自分がどんな人かを先に言うことで、女性としても自分のことを理解してくれるので会話の糸口を見つけやすく、警戒心も段々と解いていくことができます。
警戒心や相手のことを理解していくことができれば、女性も会話を楽しむことができ、キャッチボールを上手く行えます。

ポジティブに発言するといい

女性が自分の趣味や出来事を話してくれたときに、ポジティブな要素や意見を入れながら会話をするとキャッチボールを行いやすいです。
例えば、女性「私は運動することが好きなんです」と自分の趣味を話したときに、「運動は体の健康にいいですよね。どのような運動がお好きですか?」と言うことができます。
「運動は健康に良い」というポジティブな意見を返して質問することで、女性は「自分のことを褒めてくれている」と感じ、会話を楽しむことができるんです。。
相手の話のいい点を見つけて質問を繰り返ししていくことで女性も「もっと話したい」と思い、会話のキャッチボールを続けていくことができます。

会話のキャッチボールをする際の注意点

会話のキャッチボールを行うことで女性と仲良くなることができますが、会話の際に注意しておく点もあるんです。
どのような点に注意することができるのか2点紹介します。

初対面のときは丁寧語で会話をする

初対面で女性と会話をするときは、できるだけ丁寧語で会話をするのがおすすめです。
初対面でいきなり馴れ馴れしい口調で会話をすると、女性としては「礼儀がない」と感じて、会話の内容が入ってこなくなります。
馴れ馴れしい口調よりも丁寧語でしっかり話すと「しっかりした人なんだ」と好印象を持ってもらいやすいく、会話の内容を活かすことができるんです。

下ネタ的な発言は言わない

女性と会話をするときは、下ネタ的な内容を言わないようにすべきです。
会話を盛り上げるために下ネタ的な言葉を言うと、女性としては不快感を感じてしまい、「この人と話したくない」と思ってしまいます。
会話のキャッチボールをするときに下ネタは使わないようにするのが、好印象を持ってもらうために不可欠です。

まとめ

女性と仲良くなっていくためには、会話をすることが大事になりますが、キャッチボールのようにお互いが質問と答えをいうことができるようにすべきです。
ただ、質問に答える、素っ気ない返答をするのでは、女性から好印象を持たれることはなく、女性と親密になることは難しいと言えます。
「彼女を作りたい」と思いなら、まずは会話のキャッチボールを意識することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です